Bクラス 新型車リリース速報

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

投稿日:

Mercedes-Benz B-Class, designo mountain grey magno, AMG styling

Mercedes-Benz B-Class, denim blue

Mercedes-Benz B-Class, Leather alpaca/black, AMG styling

Mercedes-Benz B-Class, denim blue

 

メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。

W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数搭載している。

運転支援システムは上位車種のSクラスと同等の最高レベルを搭載。

その為、特定の条件で自立運転をすることが可能だ。改良されたカメラ&レーダーシステムと、地図やナビゲーションデータを支援機能に使用しながら最大500m先の交通量を予測することが出来る。

ここでは新型Bクラスの特徴をお伝えしていく。

新型Bクラスのエクステリア

Mercedes-Benz B-Class, designo mountain grey magno, AMG styling

Mercedes-Benz B-Class, designo mountain grey magno, AMG styling

Mercedes-Benz B-Class, designo mountain grey magno, AMG styling

Mercedes-Benz B-Class, designo mountain grey magno, AMG styling

 

サイズは全長×全幅×全高=4,359mm×1,786mm×1557mm。

新型Bクラスは、MPVでありながらスポーティーで力強いデザインとなっている。

長いホイールベース(2,729mm)に短いオーバーハング。わずかにルーフラインが下がっている。

スポーティーな外観であるが、新型Aクラスと比べてもドライバーは90mm以上天井が高くなっているため、視界を確保しやすくなっている。

 

新型Bクラスのインテリア

Mercedes-Benz B-Class, Leather alpaca/black, AMG styling

Mercedes-Benz B-Class, Leather macchiato

Mercedes-Benz B-Class, Leather macchiato

Mercedes-Benz B-Class, designo mountain grey magno, AMG styling

 

新型Bクラスのインテリアは先に発表したAクラスと同様。先鋭的なデザインとなっている。

象徴的な2つの10.25インチ電子画面は水平に配置され、5つのジェットエンジンをモチーフにした空気口が高級感を醸し出している。

新型Bクラスにも人工知能を搭載したマルチメディアシステム「MBUX」を搭載。

システムはユーザーに適応してゆき、自然対話音声認識機能を備えている。

荷室レイアウトは、ホイールベースが長くなったことにより積載量も増えており、40:20:40で分割できる後部座席を倒せば1540リットルもの空間を確保できる。

 

 

新型Bクラスのパワートレイン

  • B 180(100 キロワット / 136馬力、200 nm)を、7G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量5.6-5.4 l / 100 km、CO 2排出量128-124 g / km)
  • B 200(120 キロワット / 163馬力、250 nm)を、7G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量5.6-5.4 l / 100 km、CO 2排出量129-124 g / km)
  • B 180 D(85 キロワット / 116馬力、260 nm)を、7G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量4.4-4.1 l / 100 km、CO 2 排出量115-109 g / km)
  • B 200 D(110 キロワット / 150馬力、320 nm)を、8G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量5.4-4.2 l / 100 km、CO 2 排出量119-112 g / km)
  • B 220 D(140 キロワット / 190馬力、400 nm)を、8G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量4.5〜4.4 l / 100 km、CO 2 排出量119〜116 g / km)

新型Bクラスはメルセデスで初となる8G-DCTが搭載される。

新型のディーゼルエンジンの「OM654q」は排気量を2リッターに抑えながら190hpに上昇。16%の軽量化を果たした。

全ての新型Bクラスには前輪にマクファーソンストラットと鍛造アルミニウムのウィッシュボーンが搭載される。

バネ下重量が低くなることにより、MPVでありながらアジリティーと快適性をもたらしてくれる。

また、高出力モデルやオプションを選択した場合には、アルミを多用した4リンクリアアクスルが搭載され、ばね下重量を削減するほか、騒音振動がサスペンションに伝わりにくくなっている。

 

新型Bクラスの発売時期

Mercedes-Benz B-Class, denim blue

本国での発表は2018年12月3日、2019年2月にはデリバリーを開始する

日本での発表は2019年になる可能性が高い

-Bクラス, 新型車リリース速報

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2018 All Rights Reserved.