GLA 新型車リリース速報

マイナーチェンジ!2017新型メルセデス・ベンツGLAの変更点は?

投稿日:

NEW Mercedes-Benz GLA

2017年1月のデトロイトモーターショーで公開したコンパクトSUVの「GLA

日本でも早くもマイナーチェンジモデルの導入を発売した。

前期モデルも「マリオ」でのCMを行い認知度も高く、SUVというジャンルでありながら、日常で扱いやすいボディーサイズが幅広いユーザーから支持を得ていた。

ここでは、気になるGLA変更点、価格、配車時期に迫っていく。

マイナーチェンジ!新型GLAの主な変更点

Mercedes-Benz GLA 220d 4MATIC, canyon beige, driving shot; Fuel consumption combined: 4.8 l/100 km; Combined CO2 emissions: 127 g/km

  • よりSUVらしさを強調したデザイン
  • 価格を抑えた四輪駆動(GLA 220 4MATIC)の追加
  • さらに日本の取り回しやすさに気配りした全高
  • 快適性が増したインテリア

 

エクステリアの特徴

Mercedes-Benz GLA  フロントデザイン

Mercedes-Benz GLA リアデザイン ブレーキランプが箒星のように輝く

メルセデス・ベンツシリーズの中で最もコンパクトなGLA。

今回のマイナーチェンジでは、コンパクトにもかかわらず力強いSUV感を出すために、SUVテイストを前面に出している。

グリルにはメルセデスの大型SUVのGLSと同じ2本の「パンチドグリル」を装着。

さらに大きく目立つフォグランプを追加しSUVらしさを強調している。
前後のバンパーには地面に向けアンダーガードがあしらわれる。

ブレーキランプは大型になり、Eクラスと同様「スターダストエフェクト」を搭載し、きれいな輝きを放つ。

ヘッドライトのメインビームはバイキセノンからLEDに変更している。

インテリアの特徴

NEW GLA Interior ヘッドレスト分離型

インテリアもマイナーチェンジに伴い変更点がある。

まずシートの形状だが、前期のバケットシートに変わり、今回は「ヘッドレスト分離型」を採用している。(Mercedes-AMG GLA45 4MATICを除く)

これにより、インテリアにもSUV感が漂う。

Mercedes-Benz GLA Interior

センターには前期同様8インチワイドディスプレーが装着される。

スマートフォンを接続するだけで起動する「Apple CarPlay」や「Android Auto」を使用可能で、あなたのスマートフォンをそのままに、目的地や連絡先、ミュージックなどを車内に持ち込むことが出来る。

取り扱いやすいサイズ

Mercedes-Benz GLA 250 4MATIC, AMG Line, mountain grey magno, studio shot; Fuel consumption combined: 6.5 l/100 km; Combined CO2 emissions: 152 g/km

マイナーチェンジしたメルセデスGLA長さ4430mm、横幅1805mm。

そして特筆すべき点は、高さが1505mmということだ。

エレベーター式立体駐車場でも対応可能な1.55m以下の全高にすることで、SUVながらも場所を選ばずに扱いやすい。

輸入車コンパクトSUVで1.55m以下の車はそうそう見つけることが出来ない。

日本導入モデルの価格は?

Mercedes-Benz Rastatt plant starts production of the new GLA;

  • GLA 180 398万円
  • GLA 220 4MATIC 449万円 (NEW ENTRY)
  • GLA250 4MATIC 513万円 (受注生産)
  • Mercedes-AMG GLA45 4MATIC 792万円

パワートレイン自体には前期に使用しているものと違いはない。

しかし、今回最高出力184ps。最大トルク30.6kgmのGLA 220 4MATICが新たにラインナップに加わった。

勘違いされるかと思うが「GLA 220 4MATIC」は1,991ccのガソリンエンジンである。
なんでディーゼルじゃないの?と首をかしげるかもしれないが、「GLA 180」はFFで「GLA 220 4MATIC」
は四輪駆動

乗り出し400万円台で乗れる四輪駆動の「GLA 220 4MATIC」は貴重な存在であると言えよう。

そして、Mercedes-AMG GLA45 4MATICは相変わらず「世界一パワフルな2Lエンジン(381馬力)」を搭載し、走りを追及している。

気になる配車予定だが
GLA 180」と「Mercedes-AMG GLA45 4MATIC」が6月より配車
「GLA 220 4MATIC」「GLA250
4MATIC(受注生産)」は9~10月の配車予定だ

まとめ

Mercedes-AMG GLA 45 4MATIC, exterior, cirrus white; Fuel consumption combined: 7,4 l/100 km; Combined CO2 emissions: 172 g/km

2017年もトレンドである「SUV」スタイル。

マイナーチェンジを果たしたGLAは、エクステリア、インテリア共に一層力強いSUV感をかもし出している。

しかし、メルセデスGLAはただ単にSUVに特化している分けではない。

都市での使用が増えた我々が「利便性は決して損なわず、コンパクトという制約をうけつつも、SUVのテイストを濃縮する」

GLAが都市型SUVと言われる所以はそこにあるのだ。

ぜひ検討してみたい一台である。

 

参考動画

関連記事

日本でもついに発売開始!0-100km3.4秒の新型「AMG E63 S 4MATIC+」日本導入モデルの恐るべきハイライトを公開

本国での発表以来、噂になっている新型AMG E63。 AMG開発4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン。最高出力612ps。最大トルク86.7kgm。0-100km/h 3.4秒。 さらにドリフ ...

続きを見る

ついに公開!Sクラス(W222)「マイナーチェンジ」【上海モーターショー2017】ワールドプレミア

メルセデスベンツは上海万博センターで行われた「上海モーターショ(Auto Shanghai)」にて、メルセデス・ベンツのフラグシップモデル「Sクラス」の発表を行った。 完全に再設計されたエンジンや、さ ...

続きを見る

 

-GLA, 新型車リリース速報
-,

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2019 All Rights Reserved.