CLS 新型車リリース速報

メルセデス・ベンツ「新型CLSを発表」2018年末には日本上陸か?

投稿日:

Mercedes-Benz Cars at the LA Auto Show 2017: In 2003, with the CLS, Mercedes-Benz created a new vehicle segment that for the first time combined the elegance and dynamism of a coupé with the comfort and functionality of a saloon. With the third generation of the CLS, Mercedes-Benz is now building more strongly than ever on the aura and unique character of this trendsetting model. Tobias Moers, Britta Seeger, Dietmar Exler

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。

2004年にCLSを導入したメルセデスは、サルーンの快適性と機能性を備えた、クーペのエレガントさとダイナミズムを初めて融合させた新しい車種を開発。

第3世代となるCLSでは、前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニークな特徴をより強く構築している。

ここでは新型CLSの内外装とドライブトレイン、予想価格と発売時期について紹介する。

 

新型CLSのエクステリア

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

Mercedes-Benz Cars at the LA Auto Show 2017

Mercedes-Benz Cars at the LA Auto Show 2017

鋭いエッジと線が大幅に減少し、現在のメルセデス・ベンツのクーペ・ファミリーとシームレスに融合し、多くのデザイン機能を備えた。

従って新型CLSのCD値はクラストップクラスの0.26だ。

また、新型CLSに搭載される「マルチビームLEDヘッドランプ」の「ULTRA RANGEハイビーム」は、 法律によって許容される最大光強度を生成。メインビームヘッドランプの明るさは650メートル以上の距離で基準値1ルックスを超える。

 

新型CLSのインテリア

The new Mercedes-Benz CLS

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

インテリアはEクラスクーペの内装に新型Sクラスのハンドル周りを取り入れている。

室内のアンビエントライトも63色から調節可能で、空調システムの温度設定が変更されると、温度を上げる(赤)、温度を下げる(青)と変化する。

シートはCLS専用で開発されており5人乗りとなる。シートは一体型の様なスタイルになっており通常のセダンよりスポーティーな印象に。

快適性とスポーティーを両立させた室内となっている。

 

新型CLSのドライブトレイン

Mercedes-Benz six-cylinder engine M256. Engine cross section

新型のCLSには新開発の6気筒エンジンと4気筒エンジンを搭載。

今までにない全く新しいエンジンラインナップが登場した。

  • CLS 350 d 4MATIC 【6気筒 直6ディーゼル 2925cc】(210 kW / 286 hp、600 Nm、燃料消費量5.6 l / 100 km、CO 2 排出量148 g / km)
  • CLS 400 d 4MATIC【6気筒 直6ディーゼル 2925cc】(250 kW / 340 hp、700 Nm、燃料消費量5.6 l / 100 km、CO 2 排出量148 g / km)
  • CLS d 450 4MATIC【6気筒 直6ガソリン 2999cc】(270 + 16kW / 367hp + 22hp、燃料消費量7.5l / 100km、CO 2排出量178g / km)

最も強力なユニットはCLS d 450 4MATICに搭載される6気筒ガソリンエンジン +EQだ。

その性能は270 kW / 367 hpと500 Nmに、さらに250 Nmのトルクと16 kW/ 22馬力は短期間でEQ Boostでプラスされる。

EQ Boostと名乗る一体型電動機は、加速時で燃焼機関なしでの運転(セイリング)を可能にし、高効率の回復によってバッテリに電力を供給し、エンジンを支援する。

これにより、これまでは高電圧ハイブリッド技術の独占的領域であった燃料節約が可能になり、8気筒エンジンの性能を発揮する。

なお、AMGの設定が有るかは不明。

直6モデルを搭載しているため、AMG53の搭載される可能性は有るがMercedes-AMG GTセダンのとの競合を控えるため、AMG(63)の設定は無い可能性が有る。

新型CLSの発表時期は?

Mercedes-Benz CLS, 2017, Edition 1, designo selenite grey magno, black nappa leather

新型CLSは海外で2018年3月からデリバリー開始。

日本での登場は早くて2018年秋ごろとなる予定だ。

 

新型CLSの予想価格は?

Mercedes-Benz Cars at the LA Auto Show 2017

現行のCLS220d(直4ディーゼルエンジン)もでるで780万円から。

新型CLSはクラスによるが800万円後半となる可能性が高い。

 

-CLS, 新型車リリース速報
-

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2018 All Rights Reserved.