新型車リリース速報 見積もり

E63Sの乗り出し価格と配車時期は?【ディーラー見積とってきた】

投稿日:

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+, studio shot; Fuel consumption combined: 9,1 – 8,8 l/100 km; Combined CO2 emissions: 207 - 199 g/km

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+ „Edition 1“; Fuel consumption combined: 9,1 – 8,8 l/100 km; Combined CO2 emissions: 207 – 199 g/km

日本導入決定している「Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+」

前回、この「モンスターセダン」のスペックとテクノロジーをご紹介した。

日本でもついに発売開始!0-100km3.4秒の新型「AMG E63 S 4MATIC+」日本導入モデルの恐るべきハイライトを公開

本国での発表以来、噂になっている新型AMG E63。 AMG開発4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン。最高出力612ps。最大トルク86.7kgm。0-100km/h 3.4秒。 さらにドリフ ...

続きを見る

果たして乗り出し価格はいくらになるのか?

知り合いの営業マンにご協力頂き、見積書を頂いた。

ここでは、乗り出し価格(ディーラー見積書)とオプション詳細、配車時期についてご紹介する。

新型 E 63 S 4MATIC+の見積をとってきた

見積書は以下の通り。

2017-Mercedes-AMG-E63S-4MATIC+【見積書】

オプションは3つある。

2017-Mercedes-AMG-E63S-4MATIC+【オプション】

 

オプションはフル、保証延長を入れて、乗り出しは約2,100万円

内、メーカーオプションが280万円である。

オプションは3種類

  • エクスクルーシブパッケージ
  • AMGカーボンパッケージ
  • AMGカーボンセラミックブレーキ

●エクスクルーシブパッケージ(50万円)

エクスクルーシブパッケージには

-パノラミックスライディングルーフ
-アクティブマルチコントロールシートバック
-シートベンチレータ
-ドライビングダイナミックシート
-リラクゼーション機能

が搭載される。

このオプションは主に「シートの快適性の向上」と「サンルーフ」を搭載させる。

シートには多数のエアクッションが装備され、乗員の体格に合わせて細かくセッティング出来るほか、ハンドルの舵角やカーブ時の横Gに合わせて作動し体をサポートする「アクティブマルチコントロール」を搭載し、ドライバーのサポート性を飛躍的に高める。

サンルーフ単体のオプションは無いため、欲しいユーザにとっては、このオプションを選ばなくてはならない。

●AMGカーボンパッケージ(120万円)

フロントスポイラー、サイドスカート、ドアミラー、トランクスポイラー、インテリアがカーボントリムに変更となる。

●AMGカーボンセラミックブレーキ(110万円)

Mercedes-AMG E 63, AMG high-performance braking system;

Mercedes-AMG E 63, AMG high-performance braking system, ceramic;

標準ブレーキのレッドキャリパーの大型の6ポッド390×36mmから、オプションによりゴールドキャリパーが特徴のカーボンセラミックブレーキにできる。

こちらは同じ6ポッドながら402×39mmとさらに大型に。強大な制動力と耐フェード性を持つ。

重量は標準モデルより抑えられ、よりサーキットシーンで活躍することとなるだろう。により強大な制動力と耐フェード性を持つ。

 

日本向け配車は「Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+」・2017年6月より配車開始

One man, one engine philosophy: The AMG performance-units are assembled by one fitter by hand;

日本仕様はE63 Sからの配車となるという。

今のところ標準グレードの告知は無く、導入されるかは未定である。

E63 Sのデリバリーは6月から。初期配車の数は数台で、すでに予約でいっぱいとのこと。
オーダーをしたとしてもAMGのことなので、配車は半年後である。

まとめ

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC; Fuel consumption combined 9.1-8.8 l / 100 km, CO2 emissions combined 207–199 g/km

いかがだっただろうか。

実用的なセダンでありながら、スーパーカーと肩を並べるパワーとAMGのテクノロジー。
さらに話題のメルセデス最新のレーダーセーフティーも搭載している。

決して誰にでも手が届く価格ではないが、612PSと0-100km/h3.4秒というオーバスペックで武装し、いつでもその破壊力を発揮できるという優越感は、
手に入れたものにしか味わえない、あなたの人生をより豊かにする至極のドライビング体験になるだろう。

関連記事

日本でもついに発売開始!0-100km3.4秒の新型「AMG E63 S 4MATIC+」日本導入モデルの恐るべきハイライトを公開

本国での発表以来、噂になっている新型AMG E63。 AMG開発4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン。最高出力612ps。最大トルク86.7kgm。0-100km/h 3.4秒。 さらにドリフ ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ2017新型Eクラス クーペ!【日本販売価格と配車時期は?】

      Eクラスセダンの発表から間もなく1年。そろそろクーペが出るのでないかと待ち望んでいた方も多いだろう。 待ちに待ったEクラス クーペの導入が決まった。 ここでは ...

続きを見る

 

 

-新型車リリース速報, 見積もり
-, ,

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2019 All Rights Reserved.