Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

投稿日:

Mercedes-Benz A180 d AMG Line, digital white / Leather two-tone classic red/black;Fuel consumption combined: 4,5-4,1 l/100 kmcombined CO2 emissions: 118-108 g/km*

Mercedes-Benz A180 d AMG Line, digital white / Leather two-tone classic red/black;Fuel consumption combined: 4,5-4,1 l/100 kmcombined CO2 emissions: 118-108 g/km*

 

大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。

 

新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内)

Mercedes-Benz A180 d AMG Line, digital white / Leather two-tone classic red/black;Fuel consumption combined: 4,5-4,1 l/100 kmcombined CO2 emissions: 118-108 g/km*

新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA180のみだ。

A180には2つの種類が有り、車両本体価格は下記の通り

A 180 3,220,000円
A 180 Style 3,620,000円

また、初回限定車として「Edition1」を導入する。

A180はエントリーモデル。

A180 Styleは装備強化モデルでキーレスゴー、パークトロニック、アクティブパーキングアシスト(自動駐車)、プライバシーガラス、メモリー付きパワーシート、シートヒーターを搭載。

また、コックピットディスプレイはA180Styleだと、ナビ画面と同サイズの「10.25インチコックピットディスプレイ」が装備される。

 

新型Aクラスのインテリア

Mercedes Benz A 200, AMG line, digital white, Leather two-tone classic red/black;Fuel consumption combined: 5,6-5,2 l/100 km; combined CO2 emissions: 128-120 g/km*

新型Aクラスは10.25インチのワイドディスプレイを標準装備。

このディスプレイはメルセデス初となるタッチスクリーンになっている。

A180 Styleのみ、コックピットディスプレイは同型の10.25インチになるとのこと。

 

タッチパッドはより薄型に。

ワイヤレスチャージングを全車標準装備にすることにより、デジタル時代に対応している。

 

 

新型Aクラスのエクステリア

Mercedes-Benz presenting the new A-Class at Kromhouthal in the city of Amsterdam.

 

 

 

日本に導入されるA180の外観は2種類で、オプションの「AMGライン」を装着するかでそのスタイルが決まる。

A180 / A180 Style

AMGライン装着車

 

A180 / A180 Style (LEDハイパフォーマンスLED)

AMGライン (マルチビームLEDヘッドライト)

 

 

 

新型 A 180のドライブトレイン

M282

新型A180には新開発のM282エンジンを採用。

シリンダーブロックにはアルミニウム、回転部分のクランクシャフト、ロッドには鍛造スチールを採用し、軽量で高剛性を誇る。

また、電子制御のターボーチャージャーを採用し、レスポンスが向上している。

 

1.6Lを搭載している現行型のA180に対し、新型のM282エンジンは1.332Lとダウンサイジングしたが、出力は【90kW/5,000rpm 122ps/5,000rpm】から【100kW/5,500rpm 136ps/5,000rpm】に向上。

最大トルクは【200Nm/1,460rpm】になる。

 

ミッションは7G-DCTでルノースポーツとの共同開発されており、F1譲りの素早いシフトと滑らかな変速が特徴だ。

 

新型 A 180 のオプション

The new Mercedes-Benz A-Class.

新型Aクラスは多彩なオプションを選ぶことが出来る。

 

レーダーセーフティーパッケージ 240,000円 アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
※自動発進機能はナビゲーションパッケージ装着時のみ
アクティブブレーキアシスト(飛び出し検知機能付)
PRE-SAFE
PRE-SAFE プラス(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)
PRE-SAFE サウンド
緊急回避補助システム
アクティブブラインドスポットアシスト(降車時警告機能付)
アクティブレーンキーピングアシスト
ナビゲーションパッケージ 180,000円 ナビゲーション
Mercedes me connect ナビゲーション
Mercedes me connect USBオンデマンド地図更新/オンライン地図更新
VICS3
テレビ(12セグ/フルセグ)
トラフィックサインアシスト
AMGライン
※A180 Styleのみの設定
250,000円 AMGスタイリングパッケージ
Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)
ステンレスアクセル&ブレーキ
本革スポーツステアリング(ナッパレザー,レッドステッチ)
レザーDAINAMICAシート(レッドステッチ)
18インチAMG5ツインスポークアルミホイール
マルチビームLEDヘッドライト
アダプティブハイビームアシスト・プラス
アドバンスドパッケージ(AMGライン同時装着必須)
※A180 Styleのみの設定
200,000円 360度カメラシステム
ヘッドアップディスプレイ
アドバンスサウンドシステム
AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(AMGライン同時装着必須)
※A180 Styleのみの設定
200,000円 本革シート(ツートン)
アンビエントライト(マルチカラー)
アルミニウムインテリアトリム

また、メタリックペイントは68,000円。

パノラミックスライディングルーフは160,000円でA180 Styleのみの設定となっている。

全てのオプションを選ぶと100万円を超えるが、上位車種に無い360度カメラや運転支援システムを搭載することが可能。

クラスを超えた機能を有している。

 

 

新型Aクラスの安全性

新型Aクラスの「レーダーセーフティーパッケージ」はオプション24万で装着できる。

この金額は今までのメルセデスの「レーダーセーフティーパッケージ」の中でも最も高額になるが、その分機能が強化されている。

そのため、メルセデス全車種内で最も多い安全機能を搭載している。

緊急回避補助システム

レーダーとカメラが前方を広範囲に監視。

衝突の危険を検知すると、瞬時に正確なステアリングトルクを計算。

ステアリングによる回避操作をアシストすると同時に、回避後の挙動安定化もサポート。

PRE-SAFEブレーキ

driver assistance systems, BAS PLUS with Cross-Traffic Assist (german version)

新型Aクラスの緊急自動ブレーキは大幅に機能向上した。

車両は7km~250km/h。歩行者は7km~70km/h。静止障害物は7km~100km/h。

この範囲ではれば衝突を回避する十分な減速が可能。

歩行者の飛び出しに加え、車両の飛び出しにも反応する為、より現実的に危険なシチュエーションの対応が出来るようになっている。

 

アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック

新型Aクラスには最新の自動運転機能が搭載されている。

作動範囲は0-200km/h。

前の車との車間距離を一定に保ち、停車まで行う。

オプションの「ナビゲーションパッケージ」を装着すれば「自動再発進機能」が追加される。

また、新型の「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は車線が不明瞭、無い場合にもハンドルを操作し前車追従を行う。

アクティブレーンチェンジアシスト

ウィンカー操作だけで自動で車線変更を行う。

80-180km/hの範囲かつ複数車線で高速道路上でウィンカーを2秒以上動作した場合に作動。

後述のアクティブブラインドスポットアシストを常時作動させているため、後方車を監視しつつ安全に車線変更を行う。

 

ブラインドスポットアシスト ※降車時警告機能追加

Mercedes-Benz Intelligent Drive: The new A-Class has the very latest driving assistance systems with cooperative driver support, giving it the highest level of active safety in this segment with functions adopted from the S-Class.

メルセデス初となる降車時警告機能付きのブラインドスポットアシストがAクラスに搭載。

エンジンをOFFにしてから3分間、降車時にバイクや自転車を感知した場合、気付かずにドアを開けると警告音を出す。

走行時に関しては、ミラーの死角に対する警告は12km/hからになり、動作速度範囲が広がった。

アクティブエマージェンシーストップアシスト

ステアリングパイロット起動時、両手がステアリングから離れていると作動。

警告音でドライバーへ注意喚起。それでも反応しない場合は緩やかに減速して完全に停止する。

 

トラフィックサインアシスト

ステレオパースカメラが、交通標識を読み取る。

制限速度の標識を読み取った際、制限速度を超えると警告音でドライバーへ注意喚起する。

また、進入禁止も読み込むため、逆走対策にも有効だ。

 

PRE-SAFEサウンド

レーダーセンサーが側面衝突の危険を検知。

衝突不可避と判断すると、車両のスピーカーから短時間ノイズを発生させる。

大きな音に対する防御反射「アブミ骨反射」を利用した世界初の保護システムで、衝撃音の内耳への伝達の軽減を図る。

 

MBUX

Mercedes-Benz at the Consumer Electronics Show (CES) in Las Vegas: World premiere of the intuitive and intelligent multimedia system MBUX - Mercedes-Benz User Experience. It will enter series production in 2018 in the new A‑Class. MBUX is heralding a new era of infotainment with innovative technology based on artificial intelligence and an intuitive operating concept.

 

 

新型Aクラスはメルセデスの新しいコンセプトMBUX=Mercedes-Bnez User Experienceを始めて搭載したモデルだ。

現にMercedes me connectのサービスを開始しているメルセデスはインターネットを活用した包括的なオンラインサービスでユーザーははいつでもどこでも車両と繋がることができるが、MBUXはユーザーのニーズを学習し提案するAIに似た機能をもつ。

自然対話式音声認識機能

 

「ヘイ メルセデス」と話すと機能が自動的に起動。

今までの音声コマンド式では無く、自然の会話で「目的地の検索・設定」などの操作が可能。

また、エアコン、車内ライト、アンビエントライト等の車両機能を操作することも可能になった。

行動の先読み・予測

 

日常でよく使う通勤ルートを目的地設定をしなくてもルート案内を提案。

よく聞くラジオ、メディアの提案や、電話の提案もしてくれる。

行動先読みデータ、車両設定は保存ができ、他の車両でダウンロードが可能だ。

新型Aクラスの日本導入時期は?

Start of production of the new A-Class at Mercedes-Benz Rastatt plant in Germany

新型Aクラスは9月より先行予約を開始。

10月の発表となり、配車は2018年12月より行う予定だ。

 

 

-Aクラス, 新型車リリース速報, 未発表車両

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2018 All Rights Reserved.