未分類

なぜ「直6」が復活?メルセデス 新時代エンジンを投入

投稿日:

Mercedes-Benz six-cylinder engine M256. Engine cross section

 

メルセデス・ベンツが直6エンジンを発表

メルセデス・ベンツは、より強力でクリーンな新しいエンジンモジュールを発表した。メルセデス・ベンツの新しいエンジンは出力、乗り味、効率の面で新しい基準を打ち出している。

この新しいエンジンシリーズは、2016年新型E220dに搭載されている4気筒ディーゼルエンジン【OM654】に始まり、2017年には

  • 6気筒直列ガソリンエンジンM 256
  • 4気筒直列ガソリンエンジンM 264
  • V8ガソリンエンジンM 176
  • 6気筒ディーゼルエンジンOM 656

が導入されていく。

では、なぜメルセデス・ベンツにとって一度廃止された直6がなぜ復活することとなったのか?

関連記事

「新型S450」直6エンジン搭載モデルが2018年春頃登場か?

2017年8月の新型Sクラスデビューより噂になっている、直列6気筒エンジンを搭載したSクラスの話題だが、2018年春頃の日本導入に向け調整していることが関係者により明らかになった。 ここでは、新型S4 ...

続きを見る

「新型S450」直6エンジン搭載モデルが2018年春頃登場か?

2017年8月の新型Sクラスデビューより噂になっている、直列6気筒エンジンを搭載したSクラスの話題だが、2018年春頃の日本導入に向け調整していることが関係者により明らかになった。 ここでは、新型S4 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ 新型直6エンジンとは?

Testing of the new 6cylinder inline gasoline engine M 256 on the test bench

直6エンジンが導入される最も大きな要因は、欧州の排ガスおよびCO2排出量規制にある。

排ガス規制は年々厳しくなっており、メルセデス・ベンツはガソリンエンジンであっても粒子状物質を軽減するフィルターを装備する予定である。

しかし、こうした排ガス処理システムをV6エンジンで使用した場合、バンクごとに装置が必要になる上、エンジンルーム内のスペース確保が難しくなる。

直6では、エンジン自体がスリムな上、排気が集約されており、排気温度を下げずに触媒に送り込めるのだ。

 

メルセデス・ベンツ 新型直6エンジンの新技術

Testing of the new 6cylinder inline gasoline engine M 256 on the test bench

さらにメルセデスの直6エンジンで特筆すべき点は48V化したモーター機能付き発電機『ISG(Integrated Starter-Alternator)』電動スーパーチャージャー『electric auxiliary compressor (eZV)』が導入されるということだ。

電動スーパーチャージャー『electric auxiliary compressor (eZV)』では、電動化したコンプレッサーで強制的に過給を行い、排気が少ない低回転でも過給圧を得られることが出来る。

発進直後は電動でコンプレッサーを回すが、徐々に回転数が上がると、通常の排気エネルギーでコンプレッサーを回すことになる。

つまりターボラグのない優れた運転性を保証している。

『ISG(Integrated Starter-Alternator)』は以前、高電圧ハイブリッド技術のために確立したが、燃料節約を可能にしながら、加速またはエネルギー回収などのハイブリッド機能を担当する。48V化したメルセデスはエネルギー出力回収能力を向上させている。

要するに、新型の直6エンジンは、8気筒エンジンと同等の性能を発揮し、燃費はさらに向上するという。

今後、期待されるメルセデス直6エンジンモデルは?

Mercedes-Benz six-cylinder engine M256. Engine cross section

Mercedes-Benz six-cylinder diesel engine, OM656

今後、導入されるメルセデス・ベンツ直6エンジンは

  • 直6ガソリンエンジン(M256)
  • 直6ディーゼルエンジン(OM656)

の2種類である。

直6ガソリンエンジン(M256)は最高出力408ps/最大トルク51.0kgmで2017年よりSクラスに搭載される。

【2017年・徹底解説】新型Sクラス・マイナーチェンジ!ラインアップ・発売価格と発売時期は?

今年行われた上海モーターショー2017に発表されたSクラスが、ついに日本に導入されることとなった。 メルセデスの旗艦車のSクラスのマイナーチェンジということもあり、盛り上がりを見せたモーターショーだっ ...

続きを見る

直6ディーゼルエンジン(OM656)は最高出力は従来型の340psに向上。最大トルクは、70kgm以上を予定しており、メルセデス・ベンツ史上最もパワフルなディーゼルエンジンになる予定だ。

 

 

 

-未分類
-

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2019 All Rights Reserved.