GLC

【最速モンスターSUV】Mercedes-AMG GLC63がついに導入!予想価格と販売時期は?

投稿日:

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+, selenite grey;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+, selenite grey; Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé, designo diamond white bright;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé Edition 1;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

 

メルセデス・ベンツはMercedes-AMG『GLC63 4MATIC+』と『GLC63 4MATIC+クーペ』を発表した。

SUVに高性能エンジンを組み合わせることで、まったく新しいセグメントを切り開くことになる。

GLC及びGLCクーペはすでにGLC200、GLC220d、GLC250とMercedes-AMG GLC43が発表、発売されているが、今回のGLC63はその頂点に立つトップパフォーマンスモデルである。

2017年では最速セダンとなる『Mercedes-AMG E63S 4MATIC+』が公開されたが、このGLC63は最速SUVとなるべくモンスターエンジンとAMGの技術で武装を図っている。

ここではそのスペックと販売時期、販売価格をご紹介する。

 

Mercedes-AMG GLC63のエクステリア

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé Edition 1;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

Mercedes-AMG GLC63のエクステリアの特徴は、表現豊かなフロントエンドである。

新しいGLC 63 4MATIC+にはAMG GT-RやGTのレースでも使用されているパナメリカーナグリルを装着し、一目でAMGパフォーマンス車両の一員であることが分かる。

細かいメッシュのグリルを使用しないことにより、他のGLCモデルと更なる差別化を図るとともに、冷却性能を向上させている。

『Panamericana grille』(パナメリカーナグリル)

 

Mercedes-AMG GLC63のインテリア

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé Edition 1;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+, interior: leather Nappa black ;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

GLC63のインテリアは、ドライビングダイナミクスに焦点を当て開発された。

人間工学に基づいたスポーツシートを標準装備し、横方向のGにも体を支えてくれる。

また、AMGだけに搭載されている「エグゾーストシステムの切り替え」や「マニュアルミッションの切り替え」など、コックピットにはAMG専用のボタンが多数装着されている。

 

Mercedes-AMG GLC63のスペック

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé, AMG 4,0-liter-V8-biturbo engine ;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

 

AMG GLC 63 4MATIC+ AMG GLC 63 S 4MATIC+
エンジン 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン
排気量 3,982cc 3,982cc
出力 350 kW (476 hp)
5500-6250 rpm
375 kW (510 hp) at
5500-6250 rpm
トルク 650 Nm  1750-4500 rpm 700 Nm  1750-4500 rpm
トランスミッション AMG SPEEDSHIFT MCT 9-speed sports transmission AMG SPEEDSHIFT MCT 9-speed sports transmission
0-100 km/h加速 4.0秒 3.8秒
最大速度 250km/h 250km/h
AMG GLC 63 4MATIC+ クーペ AMG GLC 63 S 4MATIC+ クーペ
エンジン 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン
排気量 3,982cc 3,982cc
出力 350 kW (476 hp)
5500-6250 rpm
375 kW (510 hp) at
5500-6250 rpm
トルク 650 Nm  1750-4500 rpm 700 Nm  1750-4500 rpm
トランスミッション AMG SPEEDSHIFT MCT 9-speed sports transmission AMG SPEEDSHIFT MCT 9-speed sports transmission
0-100 km/h加速 4.0秒 3.8秒
最大速度 250km/h 250km/h

高出力V8エンジンを搭載した新型ミッドサイズパフォーマンスカー

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé, designo diamond white bright;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

GLCのSUVとクーペにはそれぞれ「ベーシックモデル」と「Sモデル」の2種類が用意されている。
いずれもメルセデスのスポーツカー『AMG GT』に搭載されている『4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン』は476hp(350kW)または510hp(375kW)を出力する。

ミッドサイズSUVにV8エンジンを搭載しているのはMercedes-AMG GLC 63だけである。

AMG GLC 63 S 4MATIC+では、0-100 km/h加速はわずか3.8秒で、最高速度は250km/h(リミッター)にも及ぶ。

SUVでは世界屈指のハイパフォーマンスカーが誕生した。

4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン

One man, one engine philosophy: The AMG performance-units are assembled by one fitter by hand;

4.0リッターV8ツインターボエンジンは、すでに多数のAMGパフォーマンスカーに搭載されている。

AMG GTスポーツカーにも搭載されているこのエンジンの特徴は、2つのターボチャージャーがシリンダーバンクの外側ではなく、シリンダ「V」の内側に配置されていることである。
この設計の主な利点は、コンパクトなエンジン構造、最適なレスポンス、優秀な低排出ガスエンジンであることである。

このエンジンも他のAMGエンジンと同様、アファルターバッハのAMGエンジン工場にて「ワンマン、ワンエンジン(1人で1つのエンジンを組み立てる)」の原則のもと、エンジンを作り上げている。

AMGパフォーマンス4MATIC +可変全輪駆動

 

先に発表されたMercedes-AMG E63に初めて搭載された(4MATIC +)

GLCもAMG Performance 4MATIC +全輪駆動装置を搭載している。

フロントアクスルとリアアクスルの可変トルク配分により、物理的限界まで最適なトラクションを保証するという。
路面がドライでも、ウェットでも、雪道でも、高い安定性のもとに走ることが出来る。

また、ダイナミックなスポーツ走行においても、運転者の入力と運転状況に従って最良のトルク配分を計算、配分する。
横方向のダイナムクスに加えて、強力な加速を実現している。

Mercedes-AMG GLC 63 4MATIC+の販売時期と予想価格は?

GLC 63の販売時期

本国では2017年9月から発売される。

日本での発売は2018年中旬の予定である。

GLC 63シリーズの予想価格は?

現在発売されているGLCとCクラスを比較すると、予想価格は下記の通りである。

  • Mercedes-AMG GLC 63  4MATIC+  約1,210万円
  • Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ 約1,350万円
  • Mercedes-AMG GLC 63  4MATIC+ Coupé 約1,250万円
  • Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé 約\1,380万円

まとめ

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ Coupé, designo diamond white bright ;Fuel consumption combined: 10.7 l/100 km; combined CO2 emissions: 244 g/km*

GLC63 4MATIC+とても特殊な乗り物である。

SUVを非常にスポーティーでダイナミックにする事は容易でなかったとダイムラーは語る。

それもそのはず、ミッドサイズSUVにV8エンジンを搭載しているのはMercedes-AMG GLC 63だけである。

世界的に見てもトレンドなSUVにミドルサイズのハイスペックを出すことは、ポルシェ『マカン』の人気ぶりを見る限りメルセデス及びAMGが力を入れて開発した車であることは間違いない。

  • ポルシェ『マカン ターボ パフォーマンス』【324 kW (440 PS) / 6,000 rpm 0-100km/h 4.4秒】
  • Mercedes-AMG『GLC 63 S 4MATIC+』 【375 kW (510 hp) /5500-6250 rpm 0-100km/h 3.8秒】

マカンに宣戦布告するかのごとく登場したMercedes-AMG GLC 63。

その魅力あふれるパフォーマンスに、日本での発表発売も大きく期待したい。

-GLC
-,

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2018 All Rights Reserved.