新型車リリース速報

日本でもついに発売開始!0-100km3.4秒の新型「AMG E63 S 4MATIC+」日本導入モデルの恐るべきハイライトを公開

投稿日:

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+; Fuel consumption combined 9.1-8.8 l / 100 km, CO2 emissions combined 207–199 g/km

本国での発表以来、噂になっている新型AMG E63。

AMG開発4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン。最高出力612ps。最大トルク86.7kgm。0-100km/h 3.4秒。
さらにドリフトモード搭載などなど。
猛烈な火力で武装するE63 AMG。

ここでは、その日本仕様に搭載されるテクノロジーをご紹介する。

日本仕様Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+ 商品ハイライト

新型E63は先に発表したハイパフォーマンスカー「AMG GT-R【430KW(585ps)/700Nm】」を超えるパフォーマンスを備え、
さらにAMG初となるテクノロジーが多く搭載している。

その強力な装備、テクノロジーをおさらいしておきたい。

エンジン Mercedes-AMG E 63, V8 biturbo engine

Mercedes-AMG E 63, V8 biturbo engine;

新型4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン
- 最高出力: 450kW(612PS) /5,750-6,500rpm (E 63 S 4MATIC+)
- 最大トルク:850Nm / 2,500-4,500rpm (E 63 S 4MATIC+)
- 0-100 km/h加速 3.4秒
- 最高速度300km/h
- トランスミッション 9速A/T

AMG GTのM177エンジンをベースに大幅な出力アップを実現。
GT同様、左右バンクの間にターボチャージャーを持つする「ホットインサイドV」を搭載し
重量を中心に集めモーメントを抑えるのはもちろんのこと、ターボラグを低減し、高いレスポンスを実現している。

AMG63シリーズ初となる湿式多版クラッチを使用した9速A/Tトランスミッションを搭載。
これによりスムーズな発進と電光石火のごとく切り替わる優れたフィーリングを両立させている。

AMG 4MATIC+

Mercedes-AMG E 63, Powertrain;

電子制御のカップリングを使用することにより前後50:50~0:100で無段階に動力を配分する。

かの有名なAudiのQuattroでも前後70:30~15:85。
さまざまな状況に応じてトラクションをコントロールでき、高い安定性を実現させているとともに、のちに紹介する「ドリフトモード」(0:100の後輪駆動)を可能とする。

ドリフトモード

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+

「RACE」モード時にESPをOFFにした状態でマニュアルシフトモードにすると「ドリフトモード」が起動し、
完全なFR車として走行することが可能になる。
612PSという恐ろしいパワーを後輪のみで受け止め、ESPをOFFで走るとなると、 並大抵のドライビングスキルでなければ操ることは不可能だろう。
想像するだけでゾクゾクしてしまう。

AMG SPEEDSHIFT MCT


Mercedes-AMG E 63, AMG Speedshift MCT 9-speed sports transmission;

63シリーズ初となる9速A/Tを採用。
9Gトロニックに湿式多版クラッチを採用し、トルコンスムーズさとDCTのダイレクトなシフトフィーリングを両立させている。

AMGリミテッド・スリップ・デフ


Mercedes-AMG E 63, Rear-axle limited-slip differential, electronic;

E63 Sにはリアに電子制御式リミテッド・スリップ・デフを採用。

路面に応じてきめこまやかに対応し、あらゆる走行状況で強力なトラクションと安定感あるハンドリングを提供する。

ダイナミックエンジンマウント

Mercedes-AMG E 63, Dynamic engine mounts;

エンジンとシャーシを支えるマウントを電磁流体エンジンマウントを用いて硬さを自動調整する。
GTにも採用されているこの技術は、各種センサーの情報からドライビングの状況を検知。
スポーツ走行時はマウントを硬くすることにより
パワートレインの揺れを最小限にし、ロールモーションを減少。
荒れた路面では柔軟性を持たせることで快適性を維持することができる。

AMGパフォーマンスエグゾーストシステム

Mercedes-AMG E 63, Sports exhaust system, switchable;

エグゾースト内のフラップによりエンジンの音質を任意で切り替えることができる。

フラップを閉じれば長距離運転、早朝の運転に最適な落ち着きのあるサウンドに。
RACEモードではフラップを全て開放。
AMGV8エンジンがモータースポーツを彷彿とさせるエモーショナルなサウンドを奏でてくれる。

AMG強化ブレーキシステム

Mercedes-AMG E 63, AMG high-performance braking system;

Mercedes-AMG E 63, AMG high-performance braking system, ceramic;

612PSという途方もないパワーに対応するため、ブレーキシステムもアップグレードされたものがインストールされている。
E63 S標準ブレーキにはおなじみのレッドキャリパー。大型の6ポッド390×36mmにより強大な制動力と耐フェード性を持つ。

オプションによりゴールドキャリパーが特徴のカーボンセラミックブレーキにできる。
こちらは同じ6ポッドながら402×39mmとさらに大型に
重量は標準モデルより抑えられ、よりサーキットシーンで活躍することとなるだろう。

いずれもサーキットシーンでの使用に十分耐えられる制動力と耐フェード性を持っている。

その他

Mercedes-Benz E-Class, model year 2013, technology, radar, stereo camera and ultrasonic;

ここでは割愛させて頂くが、先に導入されているメルセデスEクラスシリーズ同様、E63にも最先端のレーダーセーフティー機能が備わっている。

ステレオカメラ、複数のレーダーで360度モニタリングするEクラスの安全装備は、もはやイージス艦である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いかがだっただろうか。

新型Eクラスの動力性能は同じプレミアムセダンセグメントで競合車種たちを圧倒している。

BMW M5は560PS/6,000 0-100km/h加速⇒4.3秒
Audi RS7は605PS/,100-6,800 0-100km/h加速⇒3.7秒

結論から言うと、現在E63 Sに対抗できる車は存在しない。
最速セダンを考えるユーザー、負けず嫌いなユーザーにとっても、一切不満を感じることは無いだろう。

次回、そんなE63 Sの「日本配車時期」「乗り出し価格」に迫っていきたい。

E63Sの乗り出し価格と配車時期は?【ディーラー見積とってきた】

日本導入決定している「Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+」 前回、この「モンスターセダン」のスペックとテクノロジーをご紹介した。 果たして乗り出し価格はいくらになるのか? 知り合い ...

続きを見る

 

関連記事

E63Sの乗り出し価格と配車時期は?【ディーラー見積とってきた】

日本導入決定している「Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+」 前回、この「モンスターセダン」のスペックとテクノロジーをご紹介した。 果たして乗り出し価格はいくらになるのか? 知り合い ...

続きを見る

 
メルセデス・ベンツ2017新型Eクラス クーペ!【日本販売価格と配車時期は?】

      Eクラスセダンの発表から間もなく1年。そろそろクーペが出るのでないかと待ち望んでいた方も多いだろう。 待ちに待ったEクラス クーペの導入が決まった。 ここでは ...

続きを見る

 

 

-新型車リリース速報
-, ,

Aクラス 新型車リリース速報

2018/10/19

メルセデス新型「Aクラス」日本で発表

  メルセデス・ベンツ日本(東京・六本木)は18日、新型Aクラスを発表し予約受注を開始した。 Eクラス、Sクラスといったハイエンドクラスのために開発された様々な安全性と自立運転補助システムを ...

Bクラス 新型車リリース速報

2018/10/03

メルセデス・ベンツ 新型Bクラスを発表 2019年2月よりデリバリー

  メルセデス・ベンツはパリ・モーターショーで3代目となる新型Bクラスを発表した。 W247となる新型Bクラスは、先に発表した新型Aクラスの影響を色濃く受けており、最先端のテクノロジーを多数 ...

Aクラス 新型車リリース速報 未発表車両

2018/09/08

新型Aクラス 遂に日本でも予約を開始 12月より配車開始か?

  大きな注目を集める新型Aクラスだが、ここでは日本導入モデルを詳しく見ていく。   新型Aクラスの日本導入モデル(2018年年内) 新型Aクラスの2018年日本導入モデルはA18 ...

CLS 新型車リリース速報 未発表車両

2018/05/07

新型CLSが日本で6月にも導入か?日本導入モデルや配車時期、価格は?

  メルセデス・ベンツはロサンゼルスモーターショーにて新型CLSを発表した。 前身と同様にスポーティーさを醸し出す典型的なスタイルで有るとともに、現代のトレンドとなるモデルのオーラとユニーク ...

Aクラス 新型車リリース速報

2018/02/05

メルセデス・ベンツ「新型Aクラス」フルモデルチェンジ、日本での発売も年内に

メルセデス・ベンツは2月2日。オランダ アルステルダムで新型Aクラスを世界初めて公開した。 2012年に発売を開始したAクラスは、メルセデス・ベンツの大きな変化をもたらす車となったが、今回発表した「新 ...

Copyright© Mercedes-Benz365 , 2019 All Rights Reserved.